読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒートアイランド現象

 

都会では「ヒートアイランド現象」が指摘され、人の活発な活動の結果、大量の熱が都市に捨てられ、そのため郊外に比べて都市部の気温が高くなっています。

都市部に高い温度の場所ができ、それが島のように見えるので「ヒートアイランド」という名前が付いています。

すでに東京都では、新しく建てられる大きなビルの屋上を緑化することを義務づける条例を定めています。

夏の強い日差しが当たるコンクリートアスファルトに、木の影をつくって日差しを遮ると、高温になるのを防ぐことができるし、木の葉の表面から水分が蒸発するときには熱を奪うので、気温を下げる効果もあります。

美しい街並みや防犯という意味だけでなく、緑豊かな外構は、地球環境の保全にも一役買ってくれるでしょう。